N-REPORT

アクセスカウンタ

zoom RSS 『亡念のザムド』

<<   作成日時 : 2009/10/17 08:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2009年夏クールの作品…と言っても、PSストア配信アニメの地上波初ON AIRです。序盤(最初の2話)だけを観ると、世界観的にはジブリ作品…特に『ナウシカ』を想起させ…とても魅力的に映りました。が、如何せん第3話以降、物語の展開速度が毎回微妙な感じで、視聴断念と視聴継続の狭間…ギリギリ視聴だった気がします。物語のモチベーションも展開も回を重ねるごとに、若干なおざりになった気がします。PS配信で1話400円×26話を課金していた訳で、大人の事情として仕方ないかもしれませんね。
物語については、えっと…うんと…どなたかに解説を求めたいところです。中盤からラストに至っては毎回視聴しているにも関わらず、何が、どうして、そうなったかほぼ意味不明でした。登場人物達のそれぞれの物語(サブストーリー)が集まったような展開になり、何が主軸なのか完全に見失った感じですね。結構好きだったザンバニ号の面々も途中から登場しなくなりましたし…。視聴者と同時に登場人物まで置いてけぼりな感じがしなくもないです。
キャラ的には、サディスティックな船長 (伊舟)の言動に注視してましたが、達観的諦観的台詞が結構好きです。最後の最後で生きていることがわかり好かったですが…(って、あの大爆発で生きてた!?)。
各登場人物や設定背景は非常に魅力的であるのですが、それぞれの絡みが淡白で随分と勿体無い感じがしました。また意図した物語展開なのか、ただ破綻しているだけなのか、それさえ不明です…そんな状態ですのでもう一度視聴してみる必要があるのかもしれませんね。ただ、青春の群像劇としても捉えられるでしょうから、次回視聴するときは、その点に望みを繋ごうかと思っています。アキユキがどうなるのか(どうするのか)、ハルがどうなるのか(どうするのか)…やはりここに刮目すべきなんでしょうね。BOOM BOOM SATELLITESの『BACK ON MY FEET』など、サウンドはどれも印象的かつ効果的で好かったです。
画像

亡念のザムド 1 [Blu-ray]
アニプレックス
2009-07-22
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『亡念のザムド』 N-REPORT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる