N-REPORT

アクセスカウンタ

zoom RSS 『崖の上のポニョ』

<<   作成日時 : 2010/05/16 11:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ジブリ作品は比較的好きなんですけど、いかにも子供向け、って感じでなんとなく敬遠していました。この度、漸く本作を鑑賞しました。作品を鑑賞した印象から言ってしまうと、もう大の大人がじっくり見て堪能する作品ではなく、子供と一緒に見て楽しむ作品でしょうか。高齢な世代とその息子/娘の世代、そして孫の世代と…。私的には自分がまだ幼かった頃を思い出しました。母親がいて、父親がいて、自分がいて、妹がいて…なんかそういうことを思い出しただけで充分な感じがしました。画は原色を基調とした手書きでとても柔らかく綺麗でした。ポニョが波に乗る(波の上を走る)シーンなどは表現が面白かったと思います。ただ物語的に、ワクワクして鼻息が荒くなるようなことがなくて残念でした。これは、歳の所為かもしれませんね。人物も基本設定が語られず、何だか検閲後の墨塗の教科書のような感じでした。CVも今後は多少は考えた方がよいのでは?と思ってみました。TV画面に露出している方の声は、既に別のイメージが出来上がっていますからね。また、ジブリ作品となるといつもどこかで『未来少年コナン』や『天空の城ラピュタ』の少年と冒険を求めてしまう自分がいます。コナンやパズーが私の中で未だに生き続けている証なのかもしれませんね…そんな事を改めて実感した作品でした。また宮崎監督は随分と歳をとったんだなと実感した作品でもあります。

崖の上のポニョ [DVD]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
2009-07-03
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『崖の上のポニョ』 N-REPORT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる